大阪にひとり旅!男女におすすめの穴場スポットは?関西・日帰り

 

f:id:parukun:20170913140315j:plain

こんにちはsakiです。

 

今回の記事は

「週末や連休に一人で大阪に行こうかなぁと考えている方」

「関西で一人でも楽しめるおすすめのスポット」

について、書いてみたいと思います。

 

 

今流行りの蔦屋書店がやっぱりいい!

 

大阪ミナミにある「蔦屋書店 戎橋店」がおすすめです。
ザ 大阪ともいえる道頓堀のど真ん中にあります。
1F,2Fはスターバックスが併設されていて、こちらで自由に本を読むことができます。

 

書店の本を読んでもよし、自分の本を読んでもよし。
連休は特にかなりの人が利用していますが、一人なら高確率で席を確保できます。
おすすめの席は道頓堀川に面したカウンター席。
ニュースでもよく見る道頓堀の風景を上から眺めながら、ゆっくりと時間を過ごすことができます。

 

また、コンセントが席についているので、スマホ・携帯の充電、パソコンの利用もできます。
ただし鞄を置くところや、カゴがないので、地面に置きたくない方はバッグハンガーなどを持参された方が無難です。
誰に気兼ねすることなくゆっくりできる、最高の場所です!
一人で利用している方も結構いらっしゃるので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

お気に入りの一品をアメリカ村で!

 

大阪市中央区にあるアメリカ村、その中の立花通りは若者向けのインテリアショップなどが数多く立ち並んでいます。
海外からの輸入雑貨や家具をメインに扱う店舗が多く、落ち着いた雰囲気の店内は一人でゆっくりショッピングをするのに最適な場所です。

 

また、インテリアショップだけでなくアメリカ村には数多くの古着屋や衣料店、レコード店が250店も立ち並んでいます。
店に入らず通りを歩いているだけでもワクワクした気分になるでしょう。

 

沢山のお店をウィンドーショッピングしていると、自分にとってのお気に入りの品がきっと見つかるでしょう。
また、大阪の中心部にあり、「西の原宿・渋谷」とも呼ばれている場所ですので、休日には路上ライブなども盛んに行われています。

 

交通アクセスの面でも、地下鉄、JR、南海電鉄いずれの路線にも最寄り駅があるので手軽にアクセスすることができます。
車でのアクセスも簡単で、少し離れた場所になってしまいますが駐車場もあるので、大きめの家具など購入しても車で持ち帰ることができます。

 

スポンサー ドリンク
 

 

ふっと気持ちが澄んでいく下鴨神社

外国人観光客が毎年どんどん増えていく京都。


修学旅行生も多く、嵐山や清水寺は団体やカップルが多く、何となく落ち着いては観光できません。
勿論、紅葉は綺麗だし、美味しいお茶屋さんがあったり、お土産屋さんも充実して います。


 歴史ある京都で一人、心を静めたい...。 

 

ふらりと行くなら、京都市左京区にある下鴨神社
ひとまず神社に足を踏み入れると、一瞬で空気が変わるのを体で感じられます。
そのまま奥へ進むと鳥居があり、御神殿、右手には小さな橋があり季節の花々が咲き誇っ ています。


小さな川も流れていて、どこを見ても『体と心、両方で感じられる』と思うことでしょう。


 神社の中は勿論、外国人観光客もいますが、落ち着かない人混みではなく御近所の住民の方が犬の散歩がてらに寄ったり、一人カメラを持ち散策している人もよく見かけます。


 もし京都の神社の近くに住めるなら、私は下鴨神社を迷わず選ぶことでしょう。
なぜなら、一度行くと心が澄んでいくのが分かるからです。
色々と観光するのも楽しいですが、心を休ませるのに相応しい。
それが下鴨神社だと思います 。

 

 やはり今は姫路城!

 

白過ぎる姫路城と地元で話題になりましたが、実は数年後にはカビが生えて黒ずんで来るようで白いのは今だけなのです!

 

そして、残念ながら姫路城は別れの城...。
カップルで行くと妖怪がヤキモチを焼いて別れさせてしまうと言う言い伝えがあります。カップルはおすすめできません。  

 

姫路城の下には博物館や動物園もあり、一人でゆっくり鑑賞するのもおすすめです。
姫路城の中には、お岩さんの井戸もあります。

 

世界的にも、世界遺産が駅からすぐ 近くにあるのは、世界で二箇所だけです。
姫路駅から近く、すぐに見えるので道に迷うことなく歩いて行けます。
 
天守からの眺めもよく、世界遺産が満喫できますよ!

 

ただし、お城の中の芝生での飲食は禁止なので、ご注意ください。

 

まとめ

今回は大阪と関西に絞って書いて見ました。

 

せっかくのお休みにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

お仕事休みの連休にお家でごろごろもいいですけどね。(笑)